読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

albatrosary's blog

Azure と Angular と Wercker CI とか

YEOMANをインストールしよう!(だけど解説はMACだけね)

YEOMAN

Single-page Applicationなどブラウザ上で動くアプリケーションを開発するときにかなりイカしてる統合開発ツールYEOMANのインストール手順を記載します。過去インストールはちょっと大変といった発言をしたため修正です。

nodebrewのインストール

nodebrewをインストールします。既にnodeがインストールされている場合には「奇麗に」削除しておきます。簡単には「奇麗に」削除できませんのでgoogleで色々と検索してください。

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
...
========================================
Add path:

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================

インストール完了したらpathを設定します。vi等で「~/.bash_profile」ファイルを開きAdd pathで指定されたパスを登録してください。登録後保存し環境を適用させます:

$ source ~/.bash_profile

nodeバージョンを調べます。一覧でバージョンが表示されます。

$ nodebrew ls-remote

利用したいバージョンのnodeをインストールします。

$ nodebrew install-binary v5.1.0

使うnodeバージョンを指定します。

$ nodebrew use v5.1.0

これでnodeの準備が完了しました。

YEOMANのインストール

YEOMANのインストールはサイトにあるように

$ npm install -g yo grunt-cli gulp bower http-server

です。以前と何がことなるかというとnodebrewを利用した場合は環境変数を正しく設定しているのでsudoする必要がありません。ですので、表現は正しくはありませんが

$ yo

の動きもスムーズになります。http-serverは簡易サーバであると何かと便利

f:id:albatrosary:20140323104641p:plain

最後に

たったこれだけで統合開発ツールを手にすることができます。好きなエディタを使い、好きなブラウザを使い、好きなジェネレータでしかも軽量開発できるのは魅力かと思います。

ただし、Windowsマシンでは若干ですが手間が必要ですし問題もあります。文字コードの違い、改行コードの違いとかそういったことです。

そろそろエンタープライズ開発でもMACを使い始めては如何でしょうか?色々と便利ですよ ♪