読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

albatrosary's blog

Webアプリケーション開発に関すること

NgModule and Routing for Angular v2

NgModuleはあるコンポーネントを宣言的に定義しプロバイダが定義されたNgModuleを包括的に利用宣言することがでます。例えばいくつかのNgModuleがありそれぞれ関係が定義されていたとします。

f:id:albatrosary:20160919230601p:plain

実行される幾つかのコンポーネントをもつNgModuleをAppModuleと定義します。AppModuleが所有するNgModuleをAModule, BModuleそしてCModuleとしimports句で定義します。AppModuleで利用するコンポーネントをdeclarations句で定義します。bootstrap句は、はじめに起動するためのコンポーネントを定義します。

// app.module.ts
@NgModule({
  imports: [BrowserModule, CommonModule, FormsModule, HttpModule, AModule, BModule, CModule, routing],
  declarations: [AppComponent, DefaultComponent, PageNotFoundComponent],
  bootstrap: [AppComponent],
  providers: [
    appRoutingProviders,
    AppService
  ]
})

AModule, BModuleそしてCModuleのイメージは何か機能をもったひとかたまりのイメージで良いかと考えます(例えばログイン機能であるとかAdmin機能であるとか)。 providers句に定義したプロバイダはAppModuleで利用可能なのは当たり前ですが、AModule, BModuleそしてCModuleでも利用可能です。AModule, BModuleそしてCModuleはほぼ同じNgModuleです。

// a.module.ts
@NgModule({
  imports: [BrowserModule, CommonModule, FormsModule, HttpModule, routing],
  declarations: [AComponent, AaComponent, AbComponent, AcComponent],
  providers: [
    aRoutingProviders
  ],
})

それぞれのNgModuleに対応するRoutingは

// app.route.ts
const appRoutes: Routes = [
  { path: '', redirectTo: '/c/b', pathMatch: 'full'},
  {
    path: 'app',
    component: DefaultComponent,
    canActivate: [AppService],
    canDeactivate: [AppService]
  },
  { path: '**', component: PageNotFoundComponent }
];

http://localhost/ではhttp://localhost/c/bにリダイレクトし、http://localhost/appでDefaultComponentを表示、該当するURLが無い場合にはPageNotFoundComponentを表示するように定義しています。子Routingではhttp://localhost/a/aのときAaComponentを表示するというような構成にしています。

// a.route.ts
const aRoutes: Routes = [
  { path: 'a', component: AComponent, children: [
    { path: 'a', component: AaComponent },
    { path: 'b', component: AbComponent },
    { path: 'c', component: AcComponent }
  ]}
];

ここでAComponentはrouter-outletを定義しています。

// a.component.ts
<ul>
  <li><a routerLink="a" routerLinkActive="active">Aa Component</a></li>
  <li><a routerLink="b" routerLinkActive="active">Ab Component</a></li>
  <li><a routerLink="c" routerLinkActive="active">Ac Component</a></li>
</ul>
<router-outlet></router-outlet>

具体的に画面の動きを見てみます。

f:id:albatrosary:20160919233522g:plain

Routingの詳しい使い方は公式ブログを読まれることをおすすめします

Routing & Navigation - ts

ここで利用したコードは下記を参照してください。 GitHub - albatrosary/AngularRouterExample

RoutingのLife Hookに関してはここでは触れていません。

  1. CanActivate
  2. CanActivateChild
  3. CanDeactivate
  4. Resolve
  5. CanLoad