albatrosary's blog

Azure と Angular と Wercker CI とか

gruntを使おう 〜 CoffeeScriptもlintっちゃうyo 〜

CoffeeScriptを使う機会が増えましたが、コーティングルールを書いて周知させるのも面倒なのでlintしちゃいたいと思うんですが、そんなときに使用するのがgrunt-coffeelintです。

インストール

npm install grunt-coffeelint --save-dev

Gruntfile.jsの読み込み

grunt.loadNpmTasks('grunt-coffeelint');

使い方

grunt.initConfig({
  coffeelint: {
    app: ["<%= yeoman.app %>/scripts/{,*/}*.coffee"],
    options: {
      "camel_case_classes": {
        "level": "warn"
      },
      "no_tabs": {
        "level": "warn"
      },
      "indentation": {
        "level": "warn",
        "value": 2
      },
      "duplicate_key": {
        "level": "warn"
      },
      "no_trailing_whitespace": {
        "level": "warn",
        "allowed_in_comments": false,
        "allowed_in_emptylines": false
      }
    }
  }

これを実行すると  

f:id:albatrosary:20140313220134p:plainといった形でコンソールに出力されます。lintパラメータはこちら

http://www.coffeelint.org/

に詳しく記載されてます。

最後に

CoffeeScriptでもlintチェックして品質を高めましょう。