読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

albatrosary's blog

Azure と Angular と Wercker CI とか

Material Design Advent Calendar 8日目:Animation - Delightful details

Material Design ガイドにある「Animation - Delightful details」を紹介します。このエントリーは「Material Design Advent Calendar 2014」12月8日の記事です。

Material Design Advent Calendar 2014 - Adventar

Delightful details

アニメーションは、キートランジションとアクションに細密なアイコンから、アプリのすべてのコンポーネント内およびすべてのスケールで存在することができます。すべての要素は、シームレスな体験と美しく機能的なアプリを構築するために協調します。

アニメーションの最も基本的な使用が移り変りだが、アニメーションは明らかに超えた方法で、利用者に注意を払うことができます。一方から他方にスムーズに変更する矢印や再生コントロールやメニューのアイコンは二重の機能を果たします。つまり驚異の瞬間とか素晴らしい職人技の感覚はユーザへの通知やアプリに機能性をもたらします。ユーザーは、このような小さな細部に気が付きます。

サンプル

サンプル

簡単に説明すると

アニメーションを入れることで機能性が増すということかな

私感

現状アニメーションを入れている機能は多いと思います。より厳密に定義すると良いのかも。こういうのはデザインカンプにはなかったと思います。