読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

albatrosary's blog

Webアプリケーション開発に関すること

Angular Dart ことはじめ

Angular

はじめての Angular Dart なのでメモ程度にやったことを記載します。Angular Dart を始めようかなというのは Angular やってて Angular Dart 触っていない人はもぐり的な話を風のうわさで聞いたので(というか記憶があまりないので神の声が聞こえたのかも) Dart のインストールと「はろーわーるど」なテンプレを生成してみた。

webdev.dartlang.org

ステップ1:pub の利用

pub って何だ?というところか

  • Dart を使った開発に便利なコマンドツール(って感じなので angular-cli 的な何か)
  • Dart をインストールすると一緒に入ってくる

ということなので Dart のインストール

$ brew tap dart-lang/dart
$ brew install dart

途中、.bash_profile とかに PATH 設定しろと言ってくるので指示通りする。 で無事 pub のインストール終わり

ステップ2:プロジェクト生成

冒頭に言ったサイトの「Using a template from the command line」をやれば完了

  1. Install or update stagehand: $ pub global activate stagehand

  2. Create a directory for your project: $ mkdir angular_quickstart; cd angular_quickstart

  3. Use Stagehand with the appropriate template to create a skeleton app: $ stagehand web-angular-quickstart

  4. Get the app's dependencies: $ pub get

  5. Run the app: $ pub serve

で画面が表示されてめでたしめでたし。

f:id:albatrosary:20161226153745p:plain

ステップ3:Visual Studio Code の設定(というか Dart とファイル拡張子を関連付ける)

.dart ファイルが plain text になっているので(右下にある UTF-8 とか書いてある部分)マーケットから Dart Code をダウンロードします。plain text の部分をクリックするとマーケットから取ってくるかリストが出てくるので Dart Code を選択すると完了。

f:id:albatrosary:20161226154944p:plain

今回は Angular Dart をだーっとやってみた。。。スミマセン。。。

最後に

help 見るとPub is a package manager for Dart.と書いて何でPubなのでしょうか?というのがあってモヤモヤ…

$ pub help
Pub is a package manager for Dart.

Usage: pub <command> [arguments]

Global options:
-h, --help             Print this usage information.
    --version          Print pub version.
    --[no-]trace       Print debugging information when an error occurs.
    --verbosity        Control output verbosity.

          [all]        Show all output including internal tracing messages.
          [error]      Show only errors.
          [io]         Also show IO operations.
          [normal]     Show errors, warnings, and user messages.
          [solver]     Show steps during version resolution.
          [warning]    Show only errors and warnings.

-v, --verbose          Shortcut for "--verbosity=all".

Available commands:

・・・