albatrosary's blog

Azure と Angular と Wercker CI とか

Azureの「開発ツール」に触れる

Azureでリソースを作成すると(「インスタンスを生成すると」という表現の方が分かりやすい?)開発ツールが幾つか提供されてます。具体的には「Web App」で作成したときには

  • アプリの複製
  • コンソール
  • Advanced Tools
  • App Service Editor
  • パフォーマンス テスト
  • リソース エクスプローラー
  • PHP デバッグ
  • 運用環境でのテスト
  • 拡張機能

「アプリの複製」を行う場合には「Premium レベルの App Service プランでホストされたアプリでのみご利用いただける機能です。この機能を利用するには、App Service プランをアップグレードできます。」ということです。 「コンソール」はダウンロード型のものではなくWebコンソールです。管理者特権を必要とするようなコマンドは利用できませんが、それ意外は一般的によく利用するコマンドは普通に使えます。

f:id:albatrosary:20161102220053p:plain

「Advanced Tools」はkuduというツールです。githubにソースがあるので見ると良い。

github.com

「App Service Editor 」はVisual Studio CodeのWeb版とも言えるエディターです。すこぶる良い感じ

f:id:albatrosary:20161102220345p:plain

「パフォーマンス テスト」は良く行うストレステストがAzure上で行えます。

f:id:albatrosary:20161102220943p:plain

「リソース エクスプローラー」は、リソースの構成と各リソースに割り当てられているプロパティを確認することができます。

f:id:albatrosary:20161102221203p:plain

「PHP デバッグ」

Z-Rayが利用できます。

www.zend.com

至れり尽くせりのAzureエコシステムの中の開発ツールをざっと触ってみました。