読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

albatrosary's blog

Webアプリケーション開発に関すること

gruntを使おう 〜 CoffeeScriptをドキュメント化するyo 〜

grunt

JavaScriptでのコーティング量も増えaltJSを使う機会も増しCoffeeScriptを利用しています。そんなときに使用するのが grunt-codo です。

インストール

npm install grunt-codo --save-dev

Gruntfile.jsでの読み込み

grunt.loadNpmTasks('grunt-codo');

使い方

grunt.initConfig({
  codo: {
    options: {
      title: "My library",
      output: 'jsdoc',
      inputs: ["app/scripts"]
    }
  },
})

コメントの書き方

コメントの書き方はここを読んでください。ソースにコメントを書いてcodoを動かしてみました。

 

define [
  'jquery'
  'underscore'
  'backbone'
  'templates'
], ($, _, Backbone, JST) ->
  class AboutView extends Backbone.View
    template: JST['app/scripts/templates/about.ejs']
    
    el: '#main-contents'
    
    ###
    Rendering of AboutView
    @author Fumio.SAGAWA
    @example Rendering of AboutView
    new AboutView.render()
    ###
    render: ->
      console.log 'ContactView.render'
      $(@el).html @template

 

実行すると

f:id:albatrosary:20140312195221p:plain

 といった形式でコメントが書かれているかチェックしてくれます。出力されるファイルはこちらです。

f:id:albatrosary:20140312195147p:plain

 かっこよくないですか?

最後に

CoffeeScriptでもちゃんとドキュメント化して保守性を高めましょう。